Battle of Slots

Bally Technologies

Bally Technologiesとして知られているこの会社は元々は"Advanced Patent Technology"という社名で1968年に創立されました。世界のゲーミング界に斬新的なゲームの数々、テーブルゲーム製品、システム、モバイルゲームを、またゲーミングオペレーターの収益を促進するソリューションズも供給しています。

Bally Technologiesはプレイヤーを大型から携帯型ゲーム機へ移行させた受賞実績のあるシステム“Take ‘n Play”の開発においては、陰の存在です。

トップ10ゲーム:

Monopoly Heights

Triple Cash Wheel

Quick Hit Super Wheel Wild Red

このカジノプロバイダーはアメリカのラスベガスを拠点とし、現在のCEOであるRichard Haddrill氏の指揮のもと、Casino Marketplace、MindPlay、Advanced Casino Systems Corporation (ACSC)という名前で多数の会社を買収し、成功を収めてきました。これらの買収によって、自分たちの存在をスロット市場に急激に拡大していったのです。

そもそもは1968年にJack Solomon氏とAlvin Snapper氏の二人の実業家がAdvanced Patent Technology社を立ち上げたのですが、当時は医療、光学、電気工学など異なった分野の特許権を保持し、12年間それらの製品を製造していました。

iGaming業界へ移行したのは、ネバダ最大のスロットオペレーターだったUnited Coin Machine Companyを買収した1979年。二人の実業家たちは、そこで止まることなく、ラスベガス地域にホテルを多数建て、そのホテルをカジノに変えていったのです。

1980年代には6カ月も持たないだろうと噂されていた会社は、今では約$9.97億もの収益をあげる最も尊敬されている大企業の一社となったのです。
控えめに言っても、Ballyのこれまでの歴史はとても豊富。違った株主や企業による運営は、これまで多様な段階を経験してきました。1985年には、Cal Omegaという名前の子会社を通して、ビデオスロットマシンの製造会社であるOmega Enterprisesと合併しました。合併直後、United Gaming Incという名前に社名を変更しました。この社名変更は、United Coinを主要な資産として認識した故です。

1989年になってUnited Gaming Incはカジノの主要オペレーターになろうと決断したため、Chaparral Casinoのデベロッパーと協同し、この会社にカジノと食事施設の建設、運営を任せるようにしたのです。こうやって、ようやくこの事業から手を引くことにしたのです。 

1990年代までにUnited Gaming Incはビデオポーカーが合法となったルイジアナ州にまで自分たちの運営領域を広げ、ニューオリンズの見本市会場とJefferson Downs競馬場の二か所に600台を超えるマシンを設置しました。

1994年の後半には、会社の再活性化と再定義を反映するために、Alliance Gaming Corporationという名前に社名を変更しました。この頃、設備事業に力を入れようと施策していた時期です。

ちょうど同時期にKirschbaumがBally Entertainmentに合併案を出してきました。Bally Entertainment は既にスロット事業においては世間に認められた企業に成長していて、$1.66 億で同意、合併が成立しました。

1998年までに Bally Gaming and Systems は一社に統合され、一年間でプログレッシブ・ジャックポット・システム“Thrillions”を立ち上げました。これは、カジノに完全に売り渡されるゲームよりも、収益加入ボーナス制度を使ったゲームに焦点を当てるという、まさにBallyの戦略です。記念する最初のゲームには、Betty BoopやBlondieがあります。 
さらには、同時期にマイクロソフト社との協同してEVO VIDEO ゲームプラットフォームやEVO 3を紹介しました。
 

オンラインゲーミング業界への参入

2000年代初旬はBallyがゲーミングテクノロジーに精魂を傾けた時代です。それ以来、多くの良い結果をもたらし、全製品をオンラインカジノへ移行しました。その結果、videoslots.comでも彼らのゲームをプレイできるようになったのです。

プラットフォームとゲームのシリーズ

現在までずっとBallyは独自のソフトウェアとゲームの開発に焦点を当ててきました。その甲斐あって、彼らのゲームポートフォリオは飛躍的に改善され、ビデオ&リールマシンの新シリーズ“Hot Shot Progressives”のリリースにもつながりました。このゲームはこのプロバイダーの歴史上、最も成功したベストセラー製品になるにはそれほど時間はかかりませんでした。 

その後、V20 upright、ダブル画面のV20/20ビデオスロット、S9Eリールスピナー、CineVisionワイドスクリーンのビデオゲーム機器を含む新しいゲーミング・プラットフォームを導入。現在では、550を超える世界のカジノが40万以上ものスロットマシンを動かすBallyのシステムを使っているのです。

Ballyは成長し続け、アムステルダムには新しくヨーロッパの営業・サービス拠点を、さらには、約千人もの従業員がいるインドのチャンナイとバンガロールの2か所には、R&Dセンターを開設しました。 
まさに、これらの成功がCoolSignを買収したり、Rainbow Casinoを売却することを可能にしたのです。
 

受賞歴 

2008年には“Top 20 Most Innovative Gaming Technology Products of 2008(2008年度最も斬新的なゲーミングテクノロジー製品トップ20)”という賞を、また2014年にはSlot Floor Technology(スロットフロアテクノロジー)、そして2回目の“Top 20 Most Innovative Gaming Technology Products(最も斬新的なゲーミングテクノロジー製品トップ20)”を受賞しました。 

2年前は、$33億で宝くじとスポーツ賭博の設備メーカ、Scientific Games を買収しました。

年々変わる流行に合わせて、Bally Technologyのニーズも変わってきました。最近では、ランドベースのスロットに違った側面を与える新時代の賜物、オンラインゲーミングに焦点を当てています。この部門で成功を収めるために、Casino Marketplace、MindPlay、Advanced Casino Systems Corporation (ACSC)といった会社を買収しました。この買収は、オンラインスロット業界で自分たちのシェアを拡大し続け、新しい冒険へのきっかけとなったのです。

最後に

 Bally Technologiesは常に成功に焦点を当てつつ、ゲーミングのトップ企業であることを目標にしながら、多様な道を歩んできました。この会社がいままで成し遂げてきた成果は並外れたものです。競争が激しいこの業界で生き残ることが出来なかった会社が多い中、このプロバイダーは賢明にかつ意を決して、着実に事業を拡大してきました。確かに彼らのゲームは古いスタイルのものも見られますが、市場に合わせた新しいコンセプトやゲームも次から次へと開発しています。今後もこの会社が輝き続けることは間違いないでしょう。

Bally Technologiesについてのより詳しい情報は、彼らのウェブサイトでどうぞ。
 
入金
X